デイサービス看護師の悩みをズバリ解決

意外と難しいご家族との関わり

看護師の中には、患者さん本人は大丈夫であっても、患者さんのご家族との関わりが苦手な方も多いようですね。

 

看護師の働き先には色々な場所がありますが、デイサービスで働く看護師には、特に利用者の家族に対して苦手意識を持つ看護師が多いようです。

 

患者さんのご家族とはそもそも顔を合わせる機会は少ないように思いますが、そのようなご家族ともトラブルなく良好な関係を保つために気を付けなければならない事があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

デイサービスの看護師が、利用者様のご家族とお話をする機会というのは、ほとんどありませんよね。

 

ですから、余計にご家族の情報量が少なく、どのような人であるのかを把握しにくいという点がありますね。

 

なので、看護師の観察眼をもって、ご家族をしっかりと観察する必要があるでしょう。

 

例えば、利用者様と一番関わりの強いご家族様は、利用者様にとってどんな存在であるのか、どのような関係であるのかという事です。

 

ご夫婦なのか、親子なのか、義理の親子なのか、兄弟姉妹なのか、家族といっても色々な関係がありますよね。

 

その家族関係によって、接し方も変えなければいけなければなりません。

 

それは、病棟勤務であっても、デイサービスであってもかわらない部分ですね。

 

 

 

■ご家族とのトラブル回避法

 

 

 

デイサービスを利用されている利用者様本人も、色々な悩みをお持ちでしょうが、ご家族もまた、色々な悩みや不安を持っているものです。

 

本当は看護師に色々相談をしたいと思っているのに、言えずにいるご家族の方もおられることでしょう。

 

ですから、ご家族の方がどんな事を悩んでおられるのか、何か悩みや不安をお持ちではないかという事をお会いできた時に、しっかりと聞く事が大切です。

 

お話を伺う時には、まずはアドバイスなどは行わず、話を聞く事に徹してくださいね。

 

まずは徹底的に情報収集を行う事が大切です。

 

ゆっくりと落ち着いてお話を聞く事により、ご家族も安心して、色々な事を話しかけてくださるようになるでしょう。

 

 

 

 

家族の方からご意見を伺ったり、相談を受けたりし場合には、その内容をしっかりと理解する事が大切です。

 

看護師のご自身にとってあまり良い話でない場合もあるかもしれませんが、そのような場合も感情的にならないよう、心を落ち着かせ、客観的な意見を伝えるという事が大切です。

 

また、介護に関する部分についていは、介護スタッフと意見が違ってはいけませんので、介護スタッフの意見を確認してから伝えるという事も大切です。

 

ですから、了解を得られれば、お話をした事は常にメモとして残す事ができるといいですね。

 

デイサービスでは特に、患者に関わるスタッフが看護師だけでなく、介護士などもいますよね。

 

ですから、後々に「あの時あの看護師はこういった」というようなトラブルは避けなければなりません。

 

 

 

■介護施設のナースの不満

 

 

 

介護施設で働く看護師にも、様々な悩みを抱える看護師が多数存在しています。

 

その中で多い悩みが、果たして介護施設に看護師は必要なのだろうかと考える看護師が結構いるんですね。

 

健康管理やバイタルチェックという場面では看護が必要な部分でもありますが、一日の勤務時間の中でそのような場面は数分であって、それ以外の部分では看護師がいる必要はないのではないのか感じてしまうんですよね。

 

特に、長らく病棟勤務で忙しく働いてきた看護師から見れば、仕事量が少なく、仕事の物足りなさを感じてしまう看護師も多いんですね。

 

 

介護施設で働く看護師のその他の悩みとして、介護施設では介護士の方が立場が上で、介護士に支持を出されて看護師が働かなければならないと感じる看護師が多いんですね。

 

病院では療養が目的となるので、看護師が介護士に支持を出して、手伝いをしてもらうという事が多かったため、今度は立場が逆転になっているようで、なんだかしっくりこない看護師も多いんですよ。

 

同じ職場で働くスタッフですので、役職を除けばどちらの立場が上とか下とかという事はないのですが、病院では看護がメインとなるように、介護施設では介護がメイン業務となりますので、看護師は補助的な仕事になってしまう事は仕方のない事です。

 

そういった事を理解して、同じ職場で働く仲間として協力をしながら気持ちよく働けるように努める事が大切なんですよ。

 

 

 

■介護施設のナースの気持ち

 

 

 

病棟勤務をしていたころであれば、医師の指示を受けて色々な医療行為を行う場面もたくさんあった事でしょう。

 

ところが、介護施設では医師が常駐していませんので、看護師が単独で行える医療行為も範囲が狭く、限られた行為のみとなってきます。

 

そのような状態であるにもかかわらず、介護士の中には、今まで自分たちが行ってきた仕事を”医療行為は看護師が行いますよ”と、自分たちの仕事を取られるような気持になる介護士も少なくないんですね。

 

ですから、利用者との関係、利用者のご家族との関係だけでなく、同じフロアで一緒に仕事をする介護士に対しての人間関係で悩む看護師もたくさんいるのです。

 

 

 

 

このようなお話をすると、介護施設で看護師が働く事にメリットや魅力を感じないと思ってしまう看護師もおられるかもしれませんが、実は色々なメリットがありますのでご紹介しますね。

 

介護施設、特にデイサービスなどでは、利用者様のデイサービス利用時間は決まっていますので、残業になる事が少ないので、ほぼ毎日定時で帰る事が可能です。

 

また、病棟勤務と比べれば仕事内容もそれほどハードではないので、心も体もゆとりを持って仕事をする事ができるでしょう

 

もちろん、全く何の悩みもなく働いている看護師はいないでしょうけれど、介護施設で勤務する全ての看護師が現在の職場に不満を感じたり、介護の職に就いた事を後悔しているわけではないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ